2005年03月18日

散歩道さんの不思議な発言

東中野氏と私は別の考えを持っています。私は彼の考えに同調しているわけではありません。一緒くたに論じないで下さい。

日記、回想録、新聞記事、写真。
以上のものは証拠能力はありません。ここは基本的なことなので、決して間違えないで下さい。
件の東中野氏の著書は写真は証拠として使えないというごく初歩的な事を確認したにすぎず、それを以って南京大虐殺を否定する事は出来ません。
Posted by 散歩道 at 2005年03月13日15:11


「日記、回想録、新聞記事、写真。以上のものは証拠能力はありません。ここは基本的なことなので…」???

http://www.geocities.jp/yu77799/sigakugairon.html
によると東中野氏はその著書「ザ・レイプ・オブ・南京の研究」において

☆一等史料(事件発生当時、発生場所で、関係者の記したもの)

 日本軍将兵の陣中日記
    南京戦史編集委員会編 『南京戦史資料集TU』 偕行社、平成五年に収録


として日記を一等資料として採用しているようだ。
散歩道さんの考え方によると、東中野氏は証拠能力のない日記なんていうもの一等資料扱いするという基本的な間違いを犯す輩であるということになるのだろうか。では、そんな基本的なこともわからない東中野氏がテレビで語るのを「絶対見るべし!」と推奨している散歩道さんとはなんなのか?

Posted by 鉄瓶 at 2005年03月15日02:59


散歩道さんの見解によると、「写真を検証する」の序章部分なんかはトンデモということになりそうです。
posted by 十条 at 01:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
生きてるの?
Posted by 名無し at 2005年05月11日 01:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。